×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

汝は人狼なりや?inメイポ

役職ヘルプ-祈祷師手引書

初夜注意

 祈祷師は初夜だけ、聖水を使うことができません。
 初日や初夜に、襲われやすい言動をすると、能力を発揮できないままに死んでしまう恐れがあります。
 しかしあまりに意識しすぎると、逆に祈祷師っぽく見え、襲われる可能性もあります。さじ加減が少し難しいですが、がんばってください。

二日目以降は狼と当たるように

 折角反撃という能力があっても、使わないままでは無いのと一緒です。狼に襲ってもらわなければ意味がありません。
 つまりは、狼が殺したい、という相手になればいいのです。一番楽なのは、村人を装うことでしょう。
 また、お昼の会議で、狼に有利な発言をする村人は生かしておきたいと思うはずです。よって、狼に不利な発言、つまり真実を見つけ出してそれを主張すれば、狼に危険要素とみなされ、襲われる可能性は高まります。
 場合によっては牧師と主張するのもいいでしょう。(狼にとって、死者を出せば高確率でリンチにあいますが、牧師に当たればその確立を減らすことができるからです)
 ただし、狼を見つけ出した後は、すぐさま撤回しなければ、逆に村人たちの信用を失ってしまう恐れもあります。
 また、上級者向けになりますが、あえて祈祷師と早くから主張する戦略もあります。早くに宣言することで村側からの信頼を得、もしも疑わしい狼がいれば、昼間一緒に部屋に入ると宣言することなどが可能です。ただし狂人に狙われやすく、狼に避けられやすいので、運と実力を相当必要とします。

リンチを回避するために考察する

 死者を出したわけですから、何もしなければリンチにされることは免れられないでしょう。生存者の人数が減ってくると、少数だった人狼サイドが猛威をふるうことになります。その場合、貴方を含む村人サイドが減ることはできるだけ避けねばいけません。
 説得力のある説得をどうすればいいのかというのは、永遠のテーマであるわけなので具体的な手順があるわけではないのですが、相手が狼だったのはまぎれもない事実なのですから、他の人から見て納得する論理を組み立てて、それを主張することでしょう。
 前日に、相手が死者を出していないか。出していないならば、前日相手が同じ組みだった相手が、死者を出していないか。また、その相手が、狼の見方をしたりしていないか。こういうのも、人びとを説得するカギになります。

私以外に反撃宣言をした人がいる!?

 人数にもよりますが、貴方一人しか祈祷師がいないと判っている場合は、その反撃宣言は狼の嘘です。私が本物だ、と名乗り出たほうがいいでしょう。  

狂人には注意

 牧師にもいえることなのですが、狂人は特殊能力のある村人サイドを狙っています。ましてや、狼を確実に一人減らせる祈祷師ならば尚更です。
 ですから、もし貴方が祈祷師だと分かったならば、身を張ってリンチに追い込もうとすることでしょう。
 聖水を使う前に死ぬことだけは、できうる限り避けてください。

解析結果