×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

汝は人狼なりや?inメイポ 役職ヘルプ-人狼

M役職ヘルプ-人狼

仲間との協力がカギ

数では圧倒的に不利な人狼の武器は、仲間との団結です。
1日ごとに、「人狼で同じ組みを狙う」「だれを狙う」「誰をさける」等の方針は決めておいたほうがいいでしょう。(人狼Onlineに感謝)

襲ったら言い訳を考える

 襲うというアクションを起こせば、特例を除き、次のお昼で容疑者になることが予想されます。
 ですので、以下のことを、お昼になる前に決めておいたほうがベターです。
 お昼になってから相談すると、寡黙になりがちです。「狼チャットで相談しているのではないか」と疑われてしまいます。  (ただし、タイピングの早さには個人差があるため、寡黙だから怪しいといった発言はルールで禁止されています。)

【襲った相手が村人(または狂人)で、殺した場合】

1.「相手は狂人で、自殺した」と主張
 【メリット】貴方の役職が何でも通じる
 【デメリット】自分の役職を考えておかなければいけない、その役職に矛盾した行動があってはならない。

一般的な言い訳です。ただし、参加者の村人サイドに経験者が居る場合、即座に貴方の役職名(CO)を聞いてきます。そのときにもたつくと、その相手に怪しく見られてしまいます。
また、勿論ですが、その役職と、前後の自分の行動が合っていないと、首をしめることがあります。(この時に村人と宣言したのに、前日や、次の日に牧師と当たり防御宣言するなどはNG)

2.「自分が祈祷師で、相手が狼だった」と主張する
 【メリット】1.の狂人扱いよりは信用されやすい?、本物の祈祷師が居た場合、名乗り出て来ることがある。
 【デメリット】祈祷師として矛盾した行動があってはならない。本物の祈祷師が居た場合、狙われる可能性がある。

 どちらかというと、このいいわけは、村人サイドの人数が勝敗を決める、後半以降に用いられることが多いようです。
 メリット・デメリット両方に、祈祷師が出て来ることが記述されていますが、メリットのほうは、「以降その祈祷師を避けorパスをすれば、反撃で死ぬ可能性を軽減でき」ます。
 デメリットは、祈祷師と主張することで、本物の祈祷師に貴方が狼だとばれ、以降あなたを狙ってくるでしょう。
 それと、当然ですが、2日のお昼に祈祷師の反撃宣言をするのは、文字通り自殺行為です。(ルール上、祈祷師は初日に反撃ができない)

【襲った相手が牧師で、防御された場合】

1.「自分が本物の牧師で、相手が狼だ」と主張
 【メリット】すぐさま牧師と主張できる
 【デメリット】牧師として矛盾した行動があってはならない。五分五分。

こちらは、相手と対抗する形で牧師を主張をします。対抗CO、相互防御などと呼ばれます。
五分五分ですから、上手く村人たちを説得できれば、相手をリンチに追い込むことができます。

2.「相手は狂人で、防御の狂言をしている」と主張
 【メリット】犠牲者が少なければ、信用される可能性はある
 【デメリット】相手をリンチに追い込むことが難しい。自分の役職を考えておかなければいけない、その役職に矛盾した行動があってはならない。

容疑者二人を同じ立場にしてしまう相互防御よりも、相手を狂人としてしまうため、狼の容疑をかぶせることができません。
しかし貴方には狼の容疑がかかっていますから、のちの行動に支障をきたすことがあります。

疑いの目からはずれる

 一番簡単な方法は、「夜死者を出さないこと」です。
 二日続けて夜死者を出したり防御にかかったりすれば、よほど会議が混乱していない限り、高確率でリンチにあいます。そのため、「狼同士の組み」、「パス」を使って容疑から外れることが、長寿のコツとなります。
 狼同士の組みは、パスを消費せずに死者を出さないことが可能ですが、夜の指名次第です。
 パスは、いつでも使えるものですが、1回しか使えないため、使った後に祈祷師と当たれば、襲わざるを得なくなります。
 しかしどちらの場合も、多用しすぎると、狂人の自殺を待つという受身体制になりますし、死者が出なければその分試合が長期化し、村人たちも情報が 整理しやすくなります。その状態で、襲うことしかできない状況に陥れば、村人たちの圧倒的な試合に終わってしまうことでしょう。
 また、場合によっては牧師を狙うのも有効です。防御は死亡者が出ませんから、リンチの可能性を軽減することができるからです。

祈祷師に注意

 狼の弱点は、数の不利です。ますます不利な状況に陥らないために、できるだけ仲間を死なせないことが必要になります。
 初日に上手く(といってもほぼ運ですが)祈祷師を処理することができれば一番いいのですが、そうそう旨い話はありません。

狂人を見つける

 狼は、狂人が誰だと唯一はっきり分かる職業です。
 自分達が動いていない場所で、、死者が出ていませんか?防御宣言があったりしませんか?
 狂人とコンタクトがとれれば、この上ない味方です。
 ただし、夜の間の狂人宣言をそのまま鵜呑みにするのは危険です。村人サイドが、襲われたくないばかりに嘘をつくこともあるからです。

三人組み

狼の容疑を分散させることのできる3人組みは、牧師と同じくリンチの可能性を軽減できる状況です。利用しない手はありません。
ただし、残りの一人に、貴方が狼だと疑われる恐れもあります。

解析結果